Return to site

【ニット・ブーツはOK?】女性が冬のビジネスカジュアルを上手に着こなすポイント

· スタイリング

冬は重ね着や小物など、おしゃれが楽しい季節でもあります。毎日着るからこそ、ビジネスカジュアルにも上手に冬アイテムを取り入れて行きたいですよね。

ただ、オフィス内のルールとしては、どこまでOKなのか悩むというのも正直なところ。そこで、冬のオフィスカジュアルをもっと楽しむポイントをお伝えします。

悩める冬のビジネスカジュアルの着こなし方や、選び方をアイテム別にご紹介します。

冬のビジネスカジュアルは、基本を抑えた上で“遊び”を出す

まずは基本のビジネスカジュアルを押さえておきましょう。ビジネスカジュアルの原則として、下記のようなものが挙げられます。

・基本的にデニム素材は避ける

・極度の肌の露出はNG

・色はトーンを押さえた落ち着いたものが良い

・アクセサリー、小物もシンプルなものを(派手なもの、大ぶりすぎるものはNG)

これらを踏まえた上で、冬のビジネスカジュアルを格上げするためには「小物」や「素材」にこだわるのがポイントです。例えば、冬だからこそ楽しめるマフラーやストール、手袋などが鉄板。これらの小物は社内では外すため、比較的好きなものを自由に選びやすく、かつコーディネートを一気に冬らしく、おしゃれにしてくれます。

また、素材はニットやファーなど冬らしいものがやはりおすすめ。小物はもちろん、トップスやボトムスにも取り入れたい素材です。

それでは、冬のコーディネートのポイントをアイテム別に見ていきましょう。

【靴】細身のショートブーツで足元からおしゃれに

31 Sons de mode トランテアン ソン ドゥ モード/スクエアプラットフォームブーツ

そもそも、ビジネスカジュアルにブーツがOKなのか、悩みますよね。ロングブーツやムートンブーツはカジュアルな印象が強く、避けるのが無難です。

会社のカラーによっても異なりますが、シンプルなショートブーツであればパンプスのようにさらっと履いても問題ないでしょう。冬ならではのアイテムとして、取り入れてみてください。

ショートブーツを選ぶ際には、ヒール付きで、ポインテッドトゥタイプのものだときちんと感が出ます。全体的に細身のデザインであれば、オフィスでも通用する印象になりますよ。

ハイカットブーツを履きたいという方は、パンツスタイルに合わせることでコーディネートに自然と馴染みます。

【トップス】定番ニットは薄手のものを選んでフォーマルさをプラス

ENFOLD エンフォルド/COミラノリブ ラウンド プルオーバー

冬の定番アイテムといえば、ニット素材のトップス。しかし、ニットはスタイルが悪く見える、カジュアルな印象を持たれやすいなど、ビジネスカジュアルのシーンでは苦手とする人が多いのではないでしょうか。

そんなニットを綺麗に着こなすには、ハイゲージニット*や薄手の素材のものを選ぶのがポイント。これなら体のラインを隠しすぎないのですっきり見え、厚手のニットよりもフォーマルな印象になりますよ。さらにきちんと感を出したければ、夏に活躍したシャツに重ねてみるのもおすすめです。

ADORE アドーア/ハイライトタートルネックニット ブラック

また、忘れてはいけない冬のトップスが、黒のタートルネック。どんなボトムスにも合う優秀アイテムのひとつです。黒のタートルネックをシンプルに着こなすには、ジャケットと合わせるのが良いでしょう。首まわりにVゾーンができるため、暖かさを保ちつつ、すっきりとした印象に。

体のラインが強調されて気になるという方は、そでやすそにリブが入った、ゆったりとしたシルエットのニットが◎。

他にも、レザーアイテム、ベルベット、コーデュロイなど、冬ならではの素材を生かしたトップスもおすすめです。

*ハイゲージニットとは:細かく、密に編み込まれた薄手のニット。

【ジャケット】冬のジャケットはトップスとの配色を考えぬく

ビジネスカジュアルに欠かせないのが、「ジャケット」。一枚羽織るだけでかっちりと、フォーマルな印象にしてくれるアイテムです。冬は上からさらにアウターを羽織ることが多いので、着ぶくれしづらい、少し薄手のものを選びましょう。

カラーはシンプルに黒やネイビーが◎。ただし、暗い色ばかりでまとめてしまうと重たい印象になってしまうので、色使いに気を使うのがポイントです。トップスやボトムスに白や明るめのベージュ、グレーなど明るさのある色を持ってくるなど、ひと工夫しましょう。

また、冬らしさをさらに出したいときにはチェック柄がおすすめ。グレンチェックであれば、カジュアルすぎず冬らしいスタイルになります。パンツに合わせても、格好良い女性を演出することができますよ。

ジャケットはサイズやデザインなど年によってトレンドがあるものなので、毎年1つ、ベーシックなものにプラスして、新しいものを取り入れてみるのも良いかもしれませんね。

【アウター】第一印象を左右するアウターはシックなデザインが◎

Rito リト/ダブルポケットノーカラーコート キャメル

冬のおしゃれを楽しむために、真っ先に手に入れたいのがアウター。客先に着いた時点で脱いでしまうので、比較的好きなデザインを選ぶことができます。キャメルやベージュ、オフホワイトなど明るいながらも落ち着きのあるカラーが重たくなりすぎません。冬らしく、チェック柄を選ぶのもおしゃれですね。

デザインは、ビジネスカジュアルのシンプルなコーディネートに合うように、シックなものを選ぶようにしましょう。

トレンチコートが定番ですが、ノーカラーコートやチェスターコートもおすすめのアイテム。ノーカラーコートはコーディネートに上品さを、チェスターコートは凛々しさをプラスしてくれます。

最近のトレンドとしては、ベルトで結ぶタイプのコートも良いでしょう。いずれのコートも、比較的長め丈を選ぶとこなれて見えます。

【小物・アクセサリー】重たくなりがちな冬のコーディネートを一気に軽やかに、華やかに

小物やアクセサリーは冬のコーディネートを一気に格上げしてくれます。ここではアイテム別に、ポイントをご紹介します。

・手袋

手袋は、冬ならではのおしゃれには欠かせないアイテムのひとつ。キャメルやベージュ、グレーなど少し明るめのカラーのものが合わせやすいです。素材は、あえて冬らしいものにこだわらなくても、おしゃれに着こなせますよ。

レザー×ニットなど、異素材をミックスしたタイプのものもあるので、少し遊び心を取り入れたい方は試してみてください。手元が上品だと、コーディネートもトータルで洗練された印象になりますよ。

・ストール

PLAIN PEOPLE プレインピープル/【GLEN PRINCE】ストール ネイビーxグリーン

ストールは、シンプルなアウターに合わせて遊びを出すことができるアイテム。ボリュームのあるストールをラフにぐるっと巻けば、重たくなりがちなボトムスとのバランスが取れます。

柄付きの大判ストールや、ファー付きのものなど、アクセントとして存在感を放つものをチョイスしてみてください。

・アクセサリー

31 Sons de mode トランテアン ソン ドゥ モード/【予約販売】バービジューロングピアス ゴールド

冬はニットやコートなどで全体的に重たいスタイルになりがち。そこで、アクセサリーは華奢で上品なものを選びましょう。服で首元が隠れることが多いため、ヘアをアップし、ゴールドやシルバー系のネックレスや、ピアスを付けてみましょう。きらめくアクセサリーで、顔周りが一気に華やかになりますよ。

・ベレー帽

可愛らしい丸みのあるベレー帽、実はビジネスカジュアルのような、シンプルなコーディネートにも良く馴染むんです。髪型も崩れにくく、視線を上に集めるのでコーディネート全体のバランスアップにも◎。通勤時や、仕事終わりのお出掛けに試してみてくださいね。

SOÉJU personal (ソージュ パーソナル) なら、あなたにピッタリのビジネスカジュアルを提案してくれる

冬のビジネスカジュアルは、夏以上に着用数が多いため、コーディネートを組み合わせるのが大変ですよね。そんなときは思い切ってプロのスタイリストに頼んでみませんか?

SOÉJU personal (ソージュ) のパーソナルスタイリストなら、あなたの体型や雰囲気に合ったコーディネートをご提案。あなたも知らない、自分のだけの魅力を引き出してくれますよ。ソージュで、服を選ぶ時間をもっと楽しくしませんか?

● 執筆スタイリストのプロフィール

YOKA

ラグジュアリーブランドでの接客・販売、セレクトショップバイヤーを経て、ウェブマガジンでのスタイリングなどフリーのスタイリストとして活躍中。

トレンドに精通し、ユニークな配色や遊び心のある小物使いが得意。

● SOÉJU personal (ソージュ) のパーソナルスタイリングはコチラ (https://soeju.com/)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly