Return to site

スカートが似合わないのはなぜ?体型・悩み別のスカート着こなし方法

· スタイリング

「スカートが、なんだか自分の体型に似合わない…」と、悩むことはありませんか。

女性らしい雰囲気を出すためには、必須アイテムと言っても過言ではないスカート。様々な形や色の中から、今の自分の体型にはどんなスカートが似合うのでしょうか。

今回は、お悩み別に似合うスカートと、その着こなし方のアドバイスです。

【悩み①】背が高くて大柄に見えてしまう……

165cm以上の高身長の方は基本的にどのような服も似合いますが、一方で「スカートの丈が合わない」「大柄な印象を持たれてしまう」などのお悩み、ありませんか?

マキシ丈をお探しの方は、海外ブランドのものでないと見つかりづらいかもしれません。一方で、日本製の標準体型の方向けのマキシ丈のものでも、ミモレ丈やくるぶし丈で軽やかに着こなすことができます。

バランスを取るのが難しい印象ですが、高身長の方はその足の長さを生かして、上手く着こなすことができます。

裾が広がるタイプだと大柄な印象になってしまうので、とろみ素材やプリーツタイプのものをチョイスするのがポイント。くるぶしを見せることでマキシ丈よりも軽やかに、ミニ・膝丈よりも上品に着こなすことができます。

「そんな時におすすめなのがミモレ丈のスカート。」

とミモレ丈のみに限定している点

マキシも決して悪くはないので、ニュートラルな書き方にしていただければと思います。

例:マキシ丈をお探しの場合は海外ブランドのものでないと見つかりづらいかもしれませんが、国産の標準体型の方向けのマキシ丈のものでもミモレ丈やくるぶし丈になり、軽やかに着こなすことができます。

【悩み②】背が低くて、マキシ丈が似合わない!

背が低いと、どうしてもスカートに「着られている」ようで、上手く着こなすことが難しいですよね。ミニスカートは背が低い方に似合う服の1つですが、抵抗がある方もいるのではないでしょうか。

そんな方おすすめしたいのは、あえてのロングスカート。背が低いとずんぐりした体型に見えてしまうと思われがちですが、上半身のボリュームを抑えれば綺麗に着こなすことができるんです。

例えば、タイトなものや、ノースリーブなど、ボリュームの少ないトップスを持ってくると、ロング丈と身長のバランスを取ることができ、すっきりとした印象になりますよ。

また、ハイウエストタイプのスカートを選べば目線も上に行くのでスタイリッシュに着こなすことができます。ヒールに頼らずともスタイルアップができるので試してみてくださいね。

【悩み③】足が太いから、あまり出したくない

太ももやふくらはぎの太さ、夕方になると出てくるむくみなど、足の太さにまつわる悩みは多く、洋服選びの悩みは尽きません。

そんな足のカバーには、ロング丈のタイトスカートがおすすめ。足首だけを見せてくれるので、抜け感を出しつつ足全体の太さをカバーすることができます。さらに、タイトスカートは体のラインを綺麗に見せてくれるので、足の太さをカバーしつつ、長さを際立たせる効果も。

丈の長いスカートは重たく見えがちなので、タイトなトップスをチョイスして全体のバランスを取ってみてくださいね。ヒールを合わせればきちんと感も出るので、ビジネスシーンでも活躍してくれることでしょう。

【悩み④】寸胴でスタイルが悪く見えてしまう……

ウエストに厚みがあり寸胴型の体型だと、全体的に重たい印象になってしまいます。カバーしようと、ウエスト周りがゆったりとしたスカートを履いてみるけれど、どこか野暮ったい……という経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

タイトスカートの場合は、ふんわりとしたトップスでバランスを取ってみて。もしくは、短めコンパクトなトップスに、フレアスカートも◎。上下どちらかにボリュームを出すことでメリハリを付けましょう。

さらにプラスしたいのが羽織もの。ロングカーディガンをさらっと羽織れば、自然とウエストまわりのカバーができ、体のラインを綺麗に際立たせてくれますよ。

【悩み⑤】おしりが大きいから、スカートで隠したい!

おしりが大きい女性は魅力的とも言いますが、逆にそれをコンプレックスに感じている方もいらっしゃることでしょう。隠したいからといって、フレアスカートなどボリュームのあるシルエットのものはNG。お尻、腰回りのお肉によって余計にスカートにボリュームが出てしまい、全体のバランスが悪くなってしまうんです。

そこでおすすめなのが、タイトスカート。足のラインに沿ったすっきりとしたものを選びましょう。お尻のハリによって下半身が逆三角形のような形になるので、ひざ下がすらりと見えるというメリットがあります。

タイトスカートに後ろが長いトップスを前だけインすることで、トップスで簡単にお尻をカバーすることができます。また、お尻のラインが気になる方は、硬めの素材をチョイスしてみてくださいね。

自分の体型に合ったスカートを探してみよう

それぞれの体型によって、似合うスカートは異なります。これまで選んできたスカートを一度見直して、デザインやカラーはもちろん、自分の体にフィットするスカートを探してみてください。

自分にピッタリ合ったスカートを見つけて、おしゃれをもっと楽しんでくださいね。

● 執筆スタイリストのプロフィール

KAZU

デザイナーズブランドでの接客・販売を経て、

テレビタレント・アナウンサーなどのスタイリングに従事。

着る人の個性を際立たせるシンプル・モードなスタイリングが持ち味。

● SOÉJU personal (ソージュ) のパーソナルスタイリングはコチラ (https://soeju.com/)

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly